(7) 華。の地震予想まとめブログ2
検索
 

2019年05月16日

5月16日地震予想。

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます

まとまらない文章ですみません(_ _)

災害は突然起こるかもしれません

備えだけはしておきましょう

大難が小難になりますように



16日
19時54分:おとめ座80番星(5.7等)の食(札幌:暗縁から潜入、高度36°)




M5.1】SAN JUAN, ARGENTINA 109.3km 2019/05/16 09:32:14JST, 2019/05/16 00:32:14UTC(G)http://bit.ly/2Ywwu7S (USGS)https://on.doi.gov/2HlOOus
M5.7】NEW BRITAIN REGION, PAPUA NEW GUINEA 25.3km 2019/05/16 10:23:59 JST[UTC+9](G)http://bit.ly/30pGB02 (USGS)https://on.doi.gov/2EaCxao
今のところ地震は静かですが警戒日なので気になります
朝から腰痛が治りません(ーー;)
カラスがせわしなく鳴き始めました
天気が変わるのでしょうか?
昼間は眠くて昼寝をしておりました
眠い時も注意と言われています
何かあれば追記します


同じく腰痛なので気になりました(ーー;)
地震予知掲示板より
「んー午後から何年ぶりだろか〜の腰の違和感が。過去例だと沖震源でM6〜7、震度4〜5。んー様子見ますわ。」

片岡龍峰さんツイート
CMEが地球を通過していますが磁場が北を向いているため磁気嵐は発達していません。
後発が来ます。磁場が南を向くと荒れるでしょう。



太陽風はやや高速ですが、磁気圏は静かです。C2.0の小規模フレアが発生しました。
http://swnews.jp


太陽:コロナガス放出「16日〜17日に到来」地磁気が乱れるおそれ(動画) | ハザードラボ
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/9/29265.html


串田氏の予測 5月14日
http://www.jishin-yohou.com/99_blank003006.html
5月14日前兆継続の為
早い場合6月20日±の可能性
5月20日±の可能性が高まった場合は続報を記します



アキラの地震予報
http://eakira.sakura.ne.jp/
鹿屋圏内にM5.2クラスの地震発生合図が、複数出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、
一週間程地震発生に要注意です。
2019.(05/16 10:39発信)
柿岡圏内にM4.5クラスの地震発生合図が複数出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
特に、関東地方では、直下型地震に要注意です。
2019.(05/16 10:36発信。)
女満別圏内にM6.4クラスの地震発生合図が複数出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
特に、北海道地方では、直下型地震に要注意です。
2019.(05/16 10:37発信。)
父島圏内にM6.3クラスの地震発生合図が沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋を始めとして、環太平洋地方では、
一週間程地震発生に要注意です。



カズさんよりメッセージ
まゆさんいつもありがとうございます
M6前後の反応が続いています
反応の出方としてはここ数日で一番大きいです
一週間は念の為警戒に近い状態でいたいです
反応が収まり次第連絡します



地震予知掲示板YUKIさん
「8〜10日に体感「強」ありました。
日向灘が揺れましたが・・早すぎです。
結果はこれからだと思われます(自信がないけど…)
十分に注意して下さい。」



水星逆行
7月8日〜8月1日
11月1日〜11月28日
冥王星逆行 破壊と再生の星
4月25日〜10月3日


占星術つぶやきメモさん  
占星学による地震予測と分析
http://qq3q.biz/EbM1
【地震警戒期間】
2019年5月15日(水)±3日間
予想規模=M6〜7
予想震源域=小笠原諸島〜伊豆諸島近海
今年初の地震予想です。
5月中旬から6月初旬にかけて、天体位相による発震の可能性が高まります。
[地震注意日]±1日
これらの日を中心に注意していきたいです。
前前震 4/23 フィリピン中部M6.4
前震  5/3
5月15日 前兆地震
5月16〜17日 本震

遠隔の震源でも大きく揺れる場合があります。この機会に備えをしっかりしておきましょう。
23日前前震の結果が出ました。23日フィリピン中部M6.4、前日の同北部M6.1、18日の台湾沿岸部M6.1は、
2018年7月13日の日食図土星IC合の地域でした。いずれの震源もsubsolar pointを中心とした円に沿って成立しています。
この円と太陽月MC冥王星IC合の交点にかかる首都圏は、強い警戒が必要です。




五芒星館『地震☆予言 5/14〜6/12編』
https://ameblo.jp/kaoruha7/entry-12461072879.html
16日=D級の魔の日(下振れあり)
昼頃に気温変化。
昼頃(10−14時頃)を軸にこの日前後は地震リスクが上昇。
震度4−5 M5強リスク
海外では、M6,5クラス注意
気温は、大きな流れは、下を向き、この日は前日からやや高めを維持しようと動くせいか、方向性を予想しにくい日。
地震よりも、台風や嵐として、天災エナジーは働く場合も。
航空機故障&着陸失敗注意日 (15−16日) ボーイング737機などは特に。
火山監視日 (特に海外)
異常心理発症注意日
神経痛発症注意日
海外では、豪雨、洪水などがある場合も?



東日本大震災を当てたとされる五芒星館さんは無償で情報を発信していらっしゃいます
いつも貴重な情報をありがとうございます

posted by 華。 at 18:40 | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする